1. HOME
  2. CONTENTS
  3. アウトソーシングとは?その内容から具体的メリットまで解説します

contents

コンテンツ

アウトソーシングとは?その内容から具体的メリットまで解説します

「社員を雇用せずに、効率的に売上を拡大したい」
「慣れない業務はプロにお願いして、社員には根幹業務に集中させたい」

そんなニーズのある企業にとって便利で効率的なのが、アウトソーシングです。
最近のアウトソーシングはかなり進化しており、アウトバウンド、インバウンドからメール一斉送信代行、オンライン助成金診断サービスまで、幅広いサービスがあります。

本記事では、アウトソーシングとは何なのか、どんなサービスがあり、どういった活用をすることでどんなメリットが生まれるのかといった経営者の方が知りたいポイントを、解説します。

 

【目次】
1. アウトソーシングとは
2. アウトソーシングのメリット
2‐1. 売上をアップできる
2‐2. 業務の効率化とクオリティの向上が実現できる
2‐3. テストマーケティングができる
2‐4. 組織の再構築を図れる
3. まとめ

 

1. アウトソーシング

アウトソーシングとは、様々な業務を外部に委託することで、企業経営の効率化を図る手法です。

かつては内部で抱えるよりも外の専門家に任せた方が効率的でコストも安い会計・経理業務や、大量の単純作業が発生する工場作業がアウトソーシングの代表格でしたが、最近は企業の売上を効率的に拡大させるためのアウトソーシングも増えてきています。

■ アウトソーシングとは、企業経営の効率化を図るために、業務の一部を外部企業に委託すること。最近は売上げをアップさせるためのアウトソーシング業務も増加している。

 

2. アウトソーシングのメリット

アウトソーシングは、もともと企業のニーズから発生したサービスであり、様々なメリットがあります。ここでは、代表的なものをご紹介します。
 

2-1. 売上げをアップできる

近年アウトソーシングの大きな流れになりつつあるのが、売上アップのためのアウトソーシングです。アウトバウンドによるテレアポ代行、インバウンドのキャンペーン窓口業務やお問い合わせ受付時における販売提案など、豊富なノウハウを持った外部の専門のプロに任せることで効率的に売上数字を上げることができます。
 


 

2-2. 業務の効率化とクオリティの向上が実現できる

アウトソーシングを担当する企業は、その業務に関して豊富な経験と地域を有しています。例えば健康食品のテレビショッピングの電話受付の場合、クライアントの商品知識は最低限として、その他の健康食品の知識や競合商品との差別化ポイント、セットでの販売提案などができます。

通常、自社で同じレベルの社員を養成するには時間がかかってしまいますが、アウトソーシングで外部のプロの力を借りることで、早期の売上と利益の確保を実現できます。
 

2-3. テストマーケティングができる

社員を抱えることなく、かけたコスト以上に売上と利益が実現し、かつそのプロセスにおいて各種反応状況を把握することで、今後本格的な体制構築するための基礎データが手に入るのもアウトソーシングのメリットです。

例えばアウトバウンドの場合、反応が良いトークスクリプトをストックしていき、社内で営業部を立ち上げる時のマニュアルのベースにもできます。そういった社内の資産を形成することを想定して、テストマーケティングの視点でアウトソーシングを活用するとメリットの最大化が図れます。
 

2-4. 組織の再構築を図れる

アウトソーシングは、組織を再構築するための有効な施策にもなります。方法は、2種類あります。

一つめは、業務の外注化というアウトソーシングです。ある特定の業務を専門のプロ集団に委託し、人員削減を実施します。売上と利益を実現する機能を維持しながら、組織をスリム化し、販管費を削減して利益率を向上させます。

二つめは、間接部門をアウトソーサーとして独立分社化する手法です。本体の組織をスリム化してコスト削減できると同時に、分社化した企業の自立化を促し、新しい収益源の構築にもなります。

 

3. まとめ

アウトソーシングは、上手に活用することで、短期で企業を成長させることができます。ネオクリエイトでは、各種アウトソーシングサービスをとり揃えています。特に売上をアップさせるアウトソーシングは得意な領域ですので、ご興味のある企業様は是非お問い合わせ頂ければ幸いです。

CONTENTS